オオユウガギク<大柚香菊>

オオユウガギク (1).jpg
オオユウガギク (3).jpgオオユウガギク (5).jpgオオユウガギク (4).jpg

       

データ

キク科 Asteraceae(Compositae) ヨメナ属
学名Kalimeris incisa
和名オオユウガギク<大柚香菊>
概要花期 8~10月。頭花は直径3~3.5cm。ふちに淡青紫色の舌状花が一列あり、中心
   部に黄色の筒状花が多数集まる。
葉茎 茎は上部でよく枝分かれする。葉は下部や中部は長楕円状披針形で、先端は
   とがり、基部はしだいに狭くなる。縁には欠刻状の大きな鋸歯がまばらにあ
   る。上部の葉は線状披針形。

※ 高さ1~1.5mの多年草。地下茎を伸ばしてふえる。

最近のブログ記事

科目別