ツクバネウツギ<衝羽根空木>(別名 コツクバネ)

ツクバネウツギ (4).jpg
ツクバネウツギ (2).jpgツクバネウツギ (3).jpgツクバネウツギ (1).jpg

       

データ

スイカズラ科 Caprifoliaceae ツクバネウツギ属
学名Abelia spathulata
和名ツクバネウツギ
概要樹形 落葉低木。高さ2m位。
花 4月下旬~5月上旬。新枝の先にふつう2個ずつ白い花をつける。花冠は2~3cmの漏斗
  状で先は唇状で上唇は2裂、下唇は3裂する。下唇の内側に橙色の網状紋がある。
果実 そう果。長さ8~12mmの線形。
葉 対生。葉身は長さ2~6cm、幅1~4cmの卵形~楕円状卵形。縁に不規則な鋸歯がある
名前の由来 果実の先端にガク片が5個残り、その形が羽根衝きの羽根に似ていることによる。

最近のブログ記事

科目別