ヤマハッカ<山薄荷>

ヤマハッカ (1).jpg
ヤマハッカ (2).jpgヤマハッカ (4).jpgヤマハッカ (3).jpg

       

データ

シソ科 Lamiaceae(Labuatae) ヤマハッカ属
学名Plectranthus inflexus
和名ヤマハッカ
概要花期 9~10月、枝先に総状花序をだし、青紫色の小さな唇形花をまばらにつける。
葉茎 葉は対生し、2~6cmの広卵形で、基部は細くなって柄の翼に続く、縁に粗い鋸歯
   がある。茎の稜に下向きのケがある。

※ 60~90cmの多年草で、ハッカの名前がついているが、香りがほとんどない。

最近のブログ記事

カラタチバナ<唐橘>(別名 百両)
ヤマハッカ<山薄荷>
サジガンクビソウ<匙雁首草>

科目別