ミミズバイ(別名 ミミズノマクラ・ミミスベリ・トクラベ)

ミミズバイ (1).jpg
ミミズバイ (4).jpgミミズバイ (2).jpg
ミミズバイ (3).jpg

       

データ

ハイノキ科 Symplocaceae ハイノキ属
学名Symplocos glauca
和名ミミズバイ(ミミズノマクラ・ミミスベリ・トクラベ)
概要樹形 常緑高木。高さ10~15mになる。
花 雌雄同株。7~8月、葉腋に短い穂状花序をだし、白い花を多数つける。
  花は直径約7mmで花にはほとんど柄がない。
葉 互生。葉身は長さ8~16cm、幅2~4cm。狭長楕円形の全縁。
果実 核果。いびつな卵状長楕円形で1.2~1.5cm。前年の夏に開花したものが翌年の
   秋から冬にかけて紫黒色に熟す。
名前の由来 果実の並ぶ様子がミミズが頭を並べているように見えるから。

最近のブログ記事

科目別