イヌガシ<犬樫> (別名 マツラニッケイ)

イヌガシ (5).jpgイヌガシ (4).jpgイヌガシ (1).jpg
イヌガシ (2).jpgイヌガシ (3).jpg


       

データ

クスノキ科 Lauraceae シロダモ属
学名Neolitsea aciculata
和名イヌガシ
概要樹形 常緑小高木。高さ4~9mになる。
冬芽 葉芽は披針形で先端がとがる。花芽は小さな球形。
葉 互生。枝先に集まってつく。葉身は長さ5~12cm、幅2~4cmの倒卵状長楕円形。
  3脈が目立ち、裏側は粉白色。(※シロダモの裏側より青い)
花 雌雄別株。3~4月、暗紅紫色の花が密集してつく。
果実 液果。長さ1cmほどの楕円形で、10~11月に黒紫色に熟す。

※ 陶器山ではこの一本しか知りません。

最近のブログ記事

ヤマガキ<山柿>
ツルマメ<蔓豆> (別名 ノマメ)
ヤマハギ<山萩>

科目別