テイカカズラ<定家葛> (別名 マサキノカズラ)

テイカカズラ (1).jpg
テイカカズラ (2).jpgテイカカズラ (3).jpg

       

データ

キョウチクトウ科 Apocynaceae テイカカズラ属
学名Trachelospermum asiaticum
和名テイカカズラ
概要樹形 常緑つる性木本。茎から気根をだし、樹幹などによじ登る。
葉 対生。林冠に達している枝の葉は長さ3~7cm、楕円形で全縁。林床を這うつるの葉は
  長さ1~2cmと小さく波状の浅い鋸歯がある。
花 5~6月。枝先や葉腋に集散花序をだし、白い花をつける。
果実 袋果。長さ15~25cmの円柱形。種子は長さ1.3cmほどの線形で、先端に約2.5cm
   の冠毛がある。
名前の由来 謡曲の「定家」に由来するという。

※ 陶器山では花と実はまだ見ていません。

最近のブログ記事

カラタチバナ<唐橘>(別名 百両)
ヤマハッカ<山薄荷>
サジガンクビソウ<匙雁首草>

科目別