メヒシバ<雌日芝>(別名 メシバ)

メヒシバ.jpg メヒシバ (1).jpg メヒシバ (2).jpg メヒシバ (3).jpg        

データ

イネ科 Poaceae メヒシバ属
学名Digitaria adscendens
和名メヒシバ<雌日芝>(別名 メシバ)
概要花期 7〜11月。茎の先に花序の枝を3〜8個放射状に広げ、淡緑色または紫色を帯びた
   小穂を密生する。花序の枝は長さ5〜15cm、幅約1〜で、緑の微鋸歯がある。小穂は
   長さ3〜の披針形。
葉茎 高さ30〜90cmの1年草。茎の下部は地を這って分岐し、節から根をだす。葉は長さ
   8〜20cmの広線形。葉鞘にはふつう長い毛がまばらに生える。

最近のブログ記事

科目別