ツリガネニンジン<釣鐘人参>

ツリガネニンジン.jpg ツリガネニンジン (1).jpg ツリガネニンジン (2).jpg ツリガネニンジン (3).jpg ツリガネニンジン (4).jpg        

データ

キキョウ科 Campanulaceae ツリガネニンジン属
学名Adenophora triphylla var. iaponica
和名ツリガネニンジン<釣鐘人参>
概要花期 8〜10月。釣鐘形で淡紫色の花を下向きに咲く。葉と同じように茎に輪生し、枝先に
   少数ずつつける。がく片は糸状で鋸歯がある。雄しべは花から突出する。
葉茎 高さ60〜100cm。茎を切ると白い乳液がでる。葉はふつう3〜5個が輪生し、卵状楕
   円形で長さ5〜10cm。春の若葉はトトキと呼ばれ山菜となる。
名前の由来 釣鐘のような花が咲き、白い太い根が朝鮮人参に似ていることからこの名が
        ある。

※ 山野に生える1年草。

最近のブログ記事

科目別