カシワ<柏>(別名 カシワギ・モチガシワ)

カシワ.jpg カシワ (1).jpg カシワ (2).jpg カシワ (3).jpg        

データ

ブナ科 Fagaceae コナラ属
学名Quercus denntata
和名カシワ<柏>(別名 カシワギ・モチガシワ)
概要樹形 落葉高木、高さ15mほどになる。
花  雌雄同株。5〜6月、葉の展開と同時に開花する。雄花序は10〜15cm、新枝の下部
   から垂れ下がる。雌花序は新枝の葉腋からでて、雌花が5〜6個つく。
果実 堅果は長さ1.5〜2cmの卵球形。その年の秋に熟す。殻斗は先が反り返った長い鱗
   片に覆われている。
葉  互生。葉身は長さ12〜32cm、幅6〜18cmの倒卵状長楕円形で先端は鈍く、基部は
   やや耳状にはりだす。ふちには波状の大きな鋸歯がある。歯柄はごく短い。葉裏は淡
   褐色の短毛と星状毛が密生する。枯れた葉はいつまでも枝に残る。

※ 晴美台側に4本植栽されている。

最近のブログ記事

科目別