オオカモメヅル<大鴎蔓>

オオカゴメヅル.jpg オオカゴメヅル (1).jpg オオカゴメヅル (2).jpg オオカゴメヅル (3).jpg オオカモメヅル(5).jpg オオカモメヅル(4).jpg        

データ

ガガイモ科 Asclepiadaceae オオカモメヅル属
学名Tylophora aristolochioides
和名オオカモメヅル<大鴎蔓>
概要花期 7〜9月、葉腋から葉の長さより短い花序をつける。花冠は暗紫色か淡黄色で径4〜
   6〜、星形に5裂し、裂片は白い綿毛が生える。
葉茎 葉柄をもって茎に対生する。三角状広披針形から長卵形で基部は心形。
果実 袋果。披針形で2個水平に出る。

※ つる性の多年草。
※ オオカモメヅルの花冠の裂片には綿毛があり、コカモメヅルは無毛とあるが、この写真
  の花は無毛であるが、葉の長さより短い花序をつけているのでオオカモメヅルにした。(〜)

最近のブログ記事

科目別