ミズオオバコ<水大葉子>

ミズオオバコ.jpg ミズオオバコ (1).jpg        

データ

トチカガミ科 Hydrocharitaceae ミズオオバコ属
学名Ottelia japonica
和名ミズオオバコ<水大葉子>
概要花期 8〜10月。葉の間から花茎をのばし、水面に2〜3cmの白色または淡紅紫色を帯び
   た花を1個開く(花弁は3個)。花は1日花。
葉 葉は水中にあり、長さ10〜20cmの卵状楕円形または広披針形で縁は波状に縮れて
  いる。
果実 花のあと、花茎は倒れ、果実は水中で熟す。
名前の由来 オオバコの葉に似ていることによる。
※ 水田や溝などに生える1年草。

最近のブログ記事

ヤマガキ<山柿>
ツルマメ<蔓豆> (別名 ノマメ)
ヤマハギ<山萩>

科目別