ミゾカクシ<溝隠>(別名 アゼムシロ)

ミゾカクシ.jpg ミゾカクシ (1).jpg ミゾカクシ (2).jpg ミゾカクシ (3).jpg        

データ

キキョウ科 Campanulaceae ミゾカクシ属
学名Lobelia chinensis
和名ミゾカクシ<溝隠>(別名 アゼムシロ)
概要花期 7〜10月。葉腋から長い花柄をのばし、白地に紅紫色を帯びた花を1個つける。花冠
   は唇形で上唇は2裂、下唇は3裂する。
葉茎 葉は長さ1〜2cm、披針形で左右2列にまばらに互生する。茎は細く、地面を張って
   長くのび、節から根をだしてふえる。
名前の由来 溝辺に多いのでミゾカクシ、田の畦に広がるのでアゼムシロの名がある。

※ 田の畦で群生しています。

最近のブログ記事

科目別