タチイヌノフグリ<立犬の陰嚢>

タチイヌノフグリ.jpg タチイヌノフグリ (1).jpg タチイヌノフグリ (2).jpg タチイヌノフグリ (3).jpg        

データ

ゴマノハグサ科 Scrophulariaceae クワガタソウ属
学名Veronica arvensis
和名タチイヌノフグリ<立犬の陰嚢>
概要花期 4〜6月、上部の葉腋に青色の小さな花を1個つける。
葉茎 茎は直立して高さ10〜30cmになる。葉は対生し、長さ0.6〜2cmの広卵形でやや大
きな鋸歯がある。上部の葉はしだいに小さくなって苞となる。
果実 さく果は長さ3〜、幅4〜で平たく、縁に繊毛がある。中には扁平な楕円形の種子が
入っている。

※ ユーラシア、アフリカ原産の2年草。

最近のブログ記事

科目別