セイヨウカラシナ<西洋芥子菜>

セイヨウカラシナ.jpg セイヨウカラシナ (1).jpg セイヨウカラシナ (2).jpg セイヨウカラシナ (3).jpg セイヨウカラシナ (4).jpg        

データ

アブラナ科 Brassicaceae(Cruciferae) アブラナ属
学名Brassica juncea
和名セイヨウカラシナ<西洋芥子菜>
概要花期 4〜5月、花の形はH型、カラシナの花弁は十字型である。
葉  葉の基部は茎を抱かない。

※ 中近東や中央アジア起源とされている。
※ セイヨウカラシナはアブラナとクロガラシが自然交雑してできた。生育力も旺盛で、
日本の河川敷やその他で菜の花といわれるのは、セイヨウカラシナがほとんどである。
(マスタードは香辛料や薬として利用されている)

最近のブログ記事

科目別