キンミズヒキ<金水引>

キンミズヒキ.jpg キンミズヒキ (4).jpg キンミズヒキ (2).jpg キンミズヒキ (1).jpg キンミズヒキ (3).jpg        

データ

バラ科 Rosaceae キンミズヒキ属
学名Agrimonia pilosa
和名キンミズヒキ<金水引>
概要花期 7〜10月、茎の先端に穂状花序をつける。直径1cm内外。がく筒のふちにはカギ状
の刺が多数ある。
葉  奇数羽状複葉で小葉は5〜9個で大小がある。
名前の由来 タデ科のミズヒキに似ていて、花の色から「金水引」の名がついた。

※ 畦道に群生していました。

最近のブログ記事

科目別