ヘビイチゴ<蛇苺>

ヘビイチゴ.jpg ヘビイチゴ (1).jpg ヘビイチゴ (3).jpg ヘビイチゴ (2).jpg        

データ

バラ科 Rosaceae ヘビイチゴ属
学名Duchesnea chrysantha
和名ヘビイチゴ<蛇苺>
概要花期 4〜6月、葉腋から長い柄をだし、黄色の花を1個つける。花は直径1.2〜1.5cm。
葉  葉は黄緑色で3小葉からなり、長さ2〜3.5cm。
果実 偽果。花のあと花床がまるくふくらんで果床になり、それが偽果である。
直径1.2〜1.5cmで光沢なく、そう果にしわがある。
名前の由来 蛇苺は漢名で人間が食べないで、蛇が食べるイチゴという意味だが、イチゴ
は毒ではない。

※ ヤブヘビイチゴに似ているが、ヘビイチゴは花・葉・果実と全体に小さく、そう果に細い
しわがある。

最近のブログ記事

科目別