シロツメクサ<白詰草>(別名 クローバ)

シロツメクサ.jpg シロツメクサ (1).jpg        

データ

マメ科 Fabaceae(Leguminosae) シャジクソウ属
学名Trifolium repens
和名シロツメクサ<白詰草>(別名 クローバ)
概要花期 3〜8月、一つの花のように見えるのは、小さな蝶形花30〜70個集まったもの。
花には短い柄があり、受粉した花は下向きになる。
葉  葉は3小葉。ときに4小葉からなり、四葉のクローバとして貴重がられる。
名前の由来 江戸時代にオランダからガラス器を送ってきたとき、壊れないように乾燥した
シロツメクサを詰め物にしたことからの名前。

※ ヨーロッパ原産。

最近のブログ記事

科目別