タンキリマメ<痰切豆>

タンキリマメ.jpg タンキリマメ (1).jpg タンキリマメ (2).jpg タンキリマメ (3).jpg タンキリマメ (4).jpg        

データ

マメ科 Fabaceae(Leguminosae) タンキリマメ属
学名Rhynchosia volubilis
和名タンキリマメ<痰切豆>
概要花期 7〜9月、花は総状につき、淡黄色。
葉  やや厚く、倒卵形〜倒卵状菱形の3小葉からなる。トキリマメに似ているが、トキリマメ
は薄く、先が急に細くなってとがる。
果実 豆果。赤〜黒色になる。

※ 英名を「ロザリー・ビーン」といい、黒、赤、青色などの種子が、ロザリオやネックレス、
ブレスレットなどに用いられる。
※ 薬効としては和名のもとになった止痰(痰切り)効果がいわれるが、「本草綱目」では
若い葉と種子が腰、腹、頭の痛み止めとされている。

最近のブログ記事

科目別