ヒノキ

ヒノキ.jpg ヒノキ (4).jpg ヒノキ (1).jpg ヒノキ (2).jpg ヒノキ (3).jpg        

データ

ヒノキ科 Cupressaceae ヒノキ属
学名Chamaecyparis obtuse
和名ヒノキ
概要樹形 常緑高木。高さ30m、直径60cmほどになる。
花  雌雄同株。花期は4月、枝先につく。
球果 直径1cmの球形。開花した年の10〜11月に熟す。
葉  鱗片状で、先端はとがらない。葉裏の葉と葉の接するところに白色の気孔帯があり、
Y字形に見えるのが特徴。またサワラの場合X字形またはチョウチョウ形の白い
気孔帯が目立つ。
名前の由来 「火の木」の意味。この木をすり合わせて火を起こした事によるといわれてい
る。

※ 直径40cmあり、両手で抱いてみたが手がとどかない。大きな木である。他にも森の中
に1本だけありました。自然に生えたものなのか〜

最近のブログ記事

科目別