ネズ(別名 ネズミサシ)

ネズ (4).jpg ネズ.jpg ネズ (1).jpg ネズ (2).jpg ネズ (3).jpg        

データ

ヒノキ科 Cupressaceae ビャクシン属
学名Juniperus rigida
和名ネズ(別名 ネズミサシ)
概要樹形 常緑低木〜高木。高さ10mになる。
花  雌雄別株。4月頃、前年枝の葉腋につく。
球果 直径8〜10〜の球形の液果状。初め緑色、翌年または翌々年の10月頃に黒紫色
に熟す。
葉  3鱗生する。先は尖り、触ると痛い。
名前の由来 別名のネズミサシは葉が鋭く尖っているため、ネズミが近寄れないという
ことからつけられた。

※ あまの街道のような丘陵の尾根道など、痩せた地に生える。
※ 写真上は、ネズが3本見えますが、15mはあります。ネズでこんなに大きくなるのは珍しい。

最近のブログ記事

科目別