サルトリイバラ(別名 ガンタチイバラ・カカラ)

サルトリイバラ.jpg サルトリイバラ (1).jpg サルトリイバラ (4).jpg サルトリイバラ (3).jpg サルトリイバラ (2).jpg        

データ

ユリ科 Liliaceae シオデ属
学名Smilax china
和名サルトリイバラ(別名 ガンタチイバラ・カカラ)
概要樹形 落葉つる性木本。
花  雌雄別株。4〜5月、葉の展開と同時に葉腋から散形花序をだし、淡黄緑色の花を
多数つける。
果実 液果。直径7〜9〜の球形で、10〜11月に朱赤色に熟す。
葉  互生。革質でかたい。葉柄には托葉から変化した長い巻きひげが1対ある。

※ サルトリイバラの赤い実を見ると、リースを作りたくなる。写真のリースはサルトリイバラ
の実とソヨゴの赤い実です。それにヒイラギを添えました。つるはフジです。

最近のブログ記事

科目別