タカノツメ(別名 イモノキ)

タカノツメ.jpg
タカノツメ (1).jpgタカノツメ (2).jpg

       

データ

ウコギ科 Araliaceae タカノツメ属
学名Evodiopanax innovans
和名タカノツメ(別名 イモノキ)
概要樹形 落葉小高木または高木。高さ4〜15m。
花  雌雄別株。短枝の先に散形花序を総状にだし、小さな黄緑色の花を多数つける。
果実 液果。長さ5〜6〜の広楕円形で、9〜10月に黒紫色に熟す。
葉  互生。ふつう短枝の先に集まってつく。3出複葉だが単葉、2小葉のものも混じる。
名前の由来 冬芽は先がとがり、湾曲してついている様子が鷹の爪に似ている所から
この名がついた。

※ 若葉は山菜に利用できる。

最近のブログ記事

科目別