ヤツデ(別名 テングノハウチワ)

ヤツデ.jpg ヤツデ (1).jpg ヤツデ (2).jpg ヤツデ (3).jpg        

データ

ウコギ科 Araliaceae ヤツデ属
学名Fatsia japonica
和名ヤツデ(別名 テングノハウチワ)
概要樹形 常緑低木。高さ1〜3m。
花  雌雄同株。11〜12月、枝先に球形の散形花序を円錐状につけ、白い小さな花を
多数つける。
果実 液果。直径7〜10〜の扁球形。翌年の4〜5月に赤紫褐色〜黒紫色に熟す。
葉  互生。枝先に集まってつく。掌状に7〜9裂する。葉の展開は4月中旬〜下旬。

最近のブログ記事

科目別