キヅタ(別名 フユヅタ)

キヅタ.jpg キヅタ (1).jpg        

データ

ウコギ科 Araliaceae キヅタ属
学名Hedera rhombea
和名キヅタ(別名 フユヅタ)
概要樹形 常緑つる性木本。気根をだし、樹木や岩などに這い登る。
花  10〜12月、枝先に散形花序を1〜数個だし、黄緑色の小さな花を多数つける。
果実 液果。直径8〜10cmのほぼ球形、翌年の5〜6月に紫黒色に熟す。
葉  互生。三角または五角形で、浅く3〜5裂する。

※ 落葉するツタ(ブドウ科)をナツヅタと呼ばれるのに対して、常緑性のキヅタには
フユヅタの別名がある。

最近のブログ記事

科目別