タラノキ

タラノキ.jpg タラノキ (1).jpg        

データ

ウコギ科 Araliaceae タラノキ属
学名Aralia elata
和名タラノキ
概要樹形 落葉低木または高木。高さ2〜6m。
花  雌雄同株。8〜9月上旬、幹の先端に長さ30〜50cmの大きな複散形花序をだし、
淡緑白色の小さな花を多数つける。
果実 液果。直径約3〜の球形で、9〜10月に黒紫色に熟す。
葉  互生。枝先に集まってつく。長さ50〜100cmの2回羽状複葉。表面に曲がった細かい
刺がある。葉柄や小葉の軸にも刺がある。

※ 山菜で有名で、よく採取されていますが、幹を折ると木が枯れます。かならず新芽の
青いところから切り取って下さい。

最近のブログ記事

科目別