センニンソウ

センニンソウ.jpg センニンソウ (1).jpg センニンソウ (2).jpg センニンソウ (3).jpg センニンソウ (4).jpg        

データ

キンポウゲ科 Ranunculaceae センニンソウ属
学名Clematis terniflora
和名センニンソウ
概要樹形 常緑つる性木本。
花  8〜9月、葉腋から円錐花序をだし、白色の十字形の花弁状のがくを多数つける。
果実 そう果。雌しべが放射状に開き、花柱に羽毛のような白銀色の毛がついている。
葉  5葉からなる羽状複葉で鋸歯がない。
名前の由来 果実の毛を仙人の白い髭にみたてたとの説がある。古名は「仙人草」。

※ 畦道に沢山のセンニンソウの芽を出していました。家の塀に絡ませて植えましたら
2年目に白い花を咲かせてくれました。
※ 有毒植物だが薬用にも使われる。

最近のブログ記事

科目別