ガンピ(別名 カミノキ)

ガンピ.jpg ガンピ (1).jpg ガンピ (2).jpg        

データ

ジンチョウゲ科 Thymelaeaceae ガンピ属
学名Diplomorpha sikokiana
和名ガンピ(別名 カミノキ)
概要樹形 落葉低木。高さ約2m。
花  5〜6月、本年枝の先に頭状花序をだし、淡黄色の花を数個〜数十個つける。
がく筒は先が4裂し、外面には伏毛が密生する。
果実 核果。長さ5〜6〜、枯れたがく筒に包まれる。核は長さ4〜の紡錘形で黒色。
葉  互生。卵形で全縁。両面とも伏した絹毛があり、裏面は灰白色で絹毛が密生する。
名前の由来 雁皮紙のことを古くは斐紙といい、その原料を紙斐と呼び、これがなまり
カニヒになり、ガンピとなったという。

※ あまの街道沿いでよく見ることが出来ます。日本固有種。
※ 高級和紙の雁皮紙の原料。

最近のブログ記事

科目別