サンカクヅル(別名 ギョウジャノミズ)

サンカクヅル (3).jpg サンカクヅル.jpgサンカクヅル (4).jpgサンカクヅル (5).jpg サンカクヅル (1).jpg サンカクヅル (2).jpg        

データ

ブドウ科 Vitaceae ブドウ属
学名Vitis flexuosa
和名サンカクヅル(別名 ギョウジャノミズ)
概要樹形 落葉つる性木本。
花  雌雄別株。5〜6月、葉と対生して長さ4〜9cmの円錐花序をだし、小さな花をつける
果実 液果。直径約7〜の球形で、秋に黒く熟し食べられる。
葉  互生。三角形〜卵状三角形。ふちには歯牙状の浅い鋸歯がある。
名前の由来 葉の形による。別名のギョウジャノミズ(行者の水)は、つるを切ると透明な
樹液がしみ出し、修行する行者の喉を潤すことができたという伝説による。

※ 紅葉は美しく、リースを作って、あまの街道を覗いて見ました。(写真上)

最近のブログ記事

科目別