ソヨゴ(別名 フクラシバ)

ソヨゴ.jpg ソヨゴ (2).jpg ソヨゴ (1).jpg ソヨゴ (3).jpg        

データ

モチノキ科 Aquifoliaceae モチノキ属
学名Ilex pedunculosa
和名ソヨゴ(別名 フクラシバ)
概要樹形 常緑小高木〜高木。高さ5〜10m。
花  雌雄別株。6月前後、本年枝の葉腋から長い柄をだし、白色の小さな花をつける。
花は小さいが蜜源植物である。
果実 核果。直径8〜の球形で10〜11月に赤色に熟す。
葉  互生。ふちは全縁で波打つ。
名前の由来 革質の葉が風にそよいで音をたてるからといわれる。

※ 写真上はみごとな株立ちを見せている。もう一つの写真はソヨゴの赤い実とナツハゼ
の黒い実です。

最近のブログ記事

科目別