ヌルデ(別名 フシノキ)

ヌルデ.jpg ヌルデ (1).jpg ヌルデ (2).jpg ヌルデ (3).jpg        

データ

ウルシ科 Anacardiaceae ウルシ属
学名Rhus javanica
和名ヌルデ(別名 フシノキ)
概要樹形 落葉小高木。高さ5〜10m。
花  雌雄別株。8〜9月、円錐花序に小さな白色の花を多数つける。
果実 核果。10〜11月に直径4〜の扁球形で短毛があり、黄赤色に熟し酸味のある白粉
をかぶる。
葉  互生。長さ30〜60cmの奇数羽状複葉で、葉軸に翼があるのが特徴。小葉は3〜6対
葉にヌルデロシロアブラムシが寄生し、できた虫えい(虫こぶ)を五倍子と呼ばれ、
薬用や染料に利用される。
名前の由来 幹を傷つけると白色の白色の樹液がしみだす。これを器具に塗ったことから
ついた名前。また葉に付子(フシ)、虫こぶができることからフシノキという
別名がある。

最近のブログ記事

オオユウガギク<大柚香菊>
カラスウリ<烏瓜>  (別名 タマズサ<玉章>)
マルバルコウ

科目別