ヒメユズリハ

ヒメユズリハ.jpg ヒメユズリハ (2).jpg ヒメユズリハ (1).jpg        

データ

ユズリハ科 Daphniphyllaceae ユズリハ属
学名Daphniphyllum teijsmannii
和名ヒメユズリハ
概要樹形 常緑高木。高さ10mほどになる。
花  雌雄別株。5〜6月、前年枝の葉腋から総状花序をだす。花は花序枝の上部にかた
まってつく。
果実 核果。12〜1月に長さ8〜9〜で紫黒色に熟す。表面は粉をふく。
葉  互生し枝先にかたまってつく。葉裏は緑白色。網状脈がはっきり見える。葉柄は1.5
〜5cm、ふつう緑色まれに紅色を帯びる。

※ かつてはトウダイグサ科に含まれていた。
※ ユズリハは花と葉が垂れ下がり、ヒメユズリハの葉はユズリハより小さい。

最近のブログ記事

科目別