ハリエンジュ(別名 ニセアカシア)

ハリエンジュ.jpg ハリエンジュ (2).jpg ハリエンジュ (1).jpg ハリエンジュ (3).jpg        

データ

マメ科 Fabaceae(Leguminosae)
学名Robinia pseudoacacia
和名ハリエンジュ(別名 ニセアカシア)
概要樹形 落葉高木。高さ15mほどにはる。
花  5〜6月、葉腋から総状花序を垂らし、香りのよい白色の蝶形花を多数つける。
果実 豆果。10月ころに熟し、長さ5〜10cm、背軸側に狭い翼がある。種子は腎臓形で
直径約6〜。
葉  奇数羽状複葉で、小葉は3〜11対あり、ほぼ対生する。
枝  新枝に稜があり、しばしば托葉が変化した刺がある。

※ 数本並んでいる所があり、木一面に白い花を咲かせているのは美しい。
重要な蜜源植物で花は甘い香りがし、食べることができる。

最近のブログ記事

科目別