ウツギ(別名 ウノハナ)

ウツギ.jpg ウツギ (1).jpg ウツギ (2).jpg        

データ

ユキノシタ科 Saxifragaceae ウツギ属
学名Deutzia crenata
和名ウツギ(別名 ウノハナ)
概要樹形 落葉低木。株立ちで高さ1〜3m。
花  5〜7月、枝先に円錐花序をだし、白色の花を多数下向きにつき、花弁は平開しない
果実 さく果。直径4〜6〜の椀形、先端はやや窪み、花柱が残る。10〜11月に熟すと3〜
4裂して、小さな種子を多数だす。種子は片方の端に膜質の翼がある。
葉  若葉の縁はときに赤褐色を帯びる。
名前の由来 枝が中空で、ウツギ(空木)の名はここから生まれた。別名のウノハナは
旧暦4月(卯月)に花が咲くことからつけられた。

※ あまの街道沿いの2ヶ所で見ることができます。

最近のブログ記事

科目別