ザイフリボク(別名 シデザクラ)

サイフリボク.jpg サイフリボク (2).jpg サイフリボク (1).jpg        

データ

バラ科 Rosaceae ザイフリボク属
学名Amelanchier asiatica
和名ザイフリボク(別名 シデザクラ)
概要樹形 落葉小高木。高さ5〜10m。
花  4月、枝先に白色の花が10個ほど集まって咲く。花弁は5個、長さ1〜1.5cmの線形。
果実 ナシ状果。9〜10月に直径6〜10〜の球形で、黒紫色に熟し、白い粉をかぶる。
葉  縁に浅く細かい鋸歯がある。葉裏の主脈と葉柄には、白い軟毛が生える。
名前の由来 花の様子を采配に見立てて、采振木の名がある。

※ あまの街道沿いにも数本あるが、花の時期に上をしっかり見ていないと見逃してしまい
ます。私も教えられてはじめて分りました。花の時期を過ぎると分らなくなります。

最近のブログ記事

クモノスゴケモドキ
キツネノマゴ<狐の孫>
ホソバシロスミレ<細葉白菫>

科目別