ヤマコウバシ<山香し> (別名 モチギ・ヤマコショウ)

ヤマコウバシ(4).jpgヤマコウバシ(6).jpgヤマコウバシ.jpg ヤマコウバシ (1).jpg ヤマコウバシ (2).jpg ヤマコウバシ (3).jpg

       

データ

クスノキ科 Lauraceae クロモジ属
学名Lindera glauca
和名ヤマコウバシ
概要樹形 落葉低木。高さ3〜5m。
冬芽 芽鱗は赤褐色で、一つの冬芽の中に葉と花が一緒に入った混芽。クロモジ属で
    混芽をつけるのはヤマコウバシだけ。
花  雌雄別株だが雌株しかなく、雄株なしで結実する。4月、展開しはじめた葉の間から
  淡黄色の小さな花を数個つける。
果実 10〜11月に黒く熟す。
葉  葉裏は粉白色で主脈に褐色の長い毛がある。葉は枯れても真冬でも残り、春に落
  ちる。
名前の由来 枝を折るとよい香りがすることからつけられた。

※ 花と実はまだ見ていません。  

最近のブログ記事

タチツボスミレ<立坪菫>
クモノスゴケモドキ
キツネノマゴ<狐の孫>

科目別