アオモジ

アオモジ.jpg アオモジ (3).jpg アオモジ (2).jpg アオモジ (1).jpg        

データ

クスノキ科 Lauraceae ハマビワ属
学名Litsea citriodora
和名アオモジ
概要樹形 落葉小高木。高さ3〜7m。(この木は10mほどあり、アオモジではめずらしく高い木
です)
花  雌雄別株。3〜4月、葉の展開より少し前に開花する。白い花弁のように見えるのは
総苞片でよく目立つ。
果実 この木は雄株らしく、果実は見ていません。
葉  薄い洋紙質で裏面は粉白色を帯びる。(10mも高い所に生えているので、落ち葉を
見てもらえれば分ります)
名前の由来 爪楊枝の材料でクロモジ(黒文字)に対する名前で、枝は黒緑色をしていて
芳香がある。

※ もともと、九州や奄美大島に多く見られるものなのだが、いまでは大阪・奈良・和歌山
などでも見られます。だんだん関西の方にきているのであろうか〜

※ あまの街道沿いにあります。

最近のブログ記事

科目別