イヌビワ

イヌビワ.jpg イヌビワ (1).jpg        

データ

クワ科 Moraceae イチジク属
学名Ficus erecta
和名イヌビワ
概要樹形 落葉小高木。高さ3〜5m。
花  雌雄別株。
果実 果嚢は直径約2cmの球形。秋に黒紫色に熟す。雌果嚢は食べられるが、雄果嚢は
かたくて食べられない。雌果嚢は美味しく食べられる。
葉  晩秋には黄葉します。

※ 雄果嚢は冬、落葉したイヌビワに果嚢がついている。赤紫色に熟し落ちてしまうが、
  イヌビワコバチの入り込んだものは春までついている。イヌビワはイヌビワコバチに
  よって種子をつくり、イヌビワは住宅と食料を与えられる共生関係にある。
※ 写真は雄株であまの街道沿いにあります。

最近のブログ記事

科目別