ツブラジイ(別名 コジイ)

ツブラジイ.jpg ツブラジイ (1).jpg ツブラジイ (2).jpg        

データ

ブナ科 Fagaceae シイ属
学名Castanopsis cuspidata nar. cuspidate
和名ツブラジイ(別名 コジイ)
概要樹形 常緑高木。高さ20m。
花  5月下旬〜6月、雄花序は長さ8〜10cm、新枝の下部から上向きに伸びるが下に
垂れる。雌花序は長さ8cm、新枝の上部の葉腋から直立し、雌花が多数つく。
果実 堅果は球形で翌年の秋に成熟する。殻斗は3裂し顔をだす。殻斗の外面は鱗片が
同心円状に並ぶ。実は食べられる。
葉  全縁もあれば葉の上半部に鋸歯のタイプもある。

※ 写真の果実は岩室観音院で写したものです。
※ ツブラジイとスダジイの区別は、ツブラジイの葉はスダジイより小さく、果実はスダジイ
が卵状長楕円形でツブラジイは球形で分る。しかし交雑によって変異の乱れが生じて
  いる可能性がある。(この堅果の写真はスダジイの卵状長楕円形がが混じっていて、
ツブラジイは球形のはずである〜)

最近のブログ記事

科目別