アベマキ(別名 コルククヌギ)

アベマキ(2).jpgアベマキ(3).jpgアベマキ.jpg アベマキ (1).jpg

       

データ

ブナ科 Fagaceae コナラ属
学名Quercus variabilis
和名アベマキ(別名 コルククヌギ)
概要樹形 落葉高木。高さ15m。
樹皮 コルク層がよく発達し、縦にえぐれるように深く割れる。
花  雌雄同株。4〜5月、葉の展開と同時に開花する。雄花序は新枝の下部から垂れ下
がる。雌花は新枝の上部の葉腋に普通1個ずつつく。長さ1〜と小さく目立たない。
果実 堅果は翌年の秋に成熟する。殻斗には線状の鱗片がらせん状にびっしりつく。
クヌギの堅果と比べても分らない。
葉  クヌギの葉と類似するが、アベマキの葉裏は灰白色で、落ち葉になっても派裏の
星状毛はのこるので区別ができる。鋸歯の先端は針状になる。秋の紅葉は初め
黄色で明るい。

※ 陶器山にはアベマキが少なく、この一画の森だけに集まっている。

最近のブログ記事

科目別