ムクノキ(別名 ムク・ムクエノキ)

ムクノキ(4).jpgムクノキ.jpg ムクノキ (3).jpg ムクノキ (2).jpg ムクノキ (1).jpg        

データ

ニレ科 Ulmaceae ムクノキ属
学名Aphananthe aspera
和名ムクノキ(別名 ムク・ムクエノキ)
概要樹形 落葉高木、高さ15〜20m。
樹皮 縦線がある。(エノキは秤り目状の横線があるので見分けられる。)
花  雌雄同株。4〜5月、葉の展開と同時に開花する。小さくて目立たない。
果実 10〜11月、黒紫色に熟し食べられる。干し柿の味がする。
葉  葉の基部は左右ほぼ同じ、鋸歯は上からほぼ下まであり、側脈は鋸歯の先端まで
達する。葉の写真は上側がエノキ。下側がムクノキ。

※ 老木になると、幹の基部は板根状になり、樹皮は短冊状に反り返って剥がれ落ちる。 

最近のブログ記事

科目別