オオバヤシャブシ

オオバヤシャブシ.jpg オオバヤシャブシ (3).jpg オオバヤシャブシ (2).jpg オオバヤシャブシ (1).jpg        

データ

カバノキ科 Betulaceae ハンノキ属
学名Alnus sieboldiana
和名オオバヤシャブシ
概要樹形 落葉小高木、高さ5〜10m。
花  雌雄同株、3〜4月、葉の展開と同時に開花する。前年の葉腋から垂れ下がる。
ヤシャブシの仲間はほとんど枝先に雄花序がつくがオオバヤシャブシだけは葉、
雌花序、雄花序の順でつく。
果実 10〜11月に長さ2〜2.5cmの広楕円形に熟す。堅果はすっかりこぼれ落ちて
    果鱗が残る。

※ 果穂ひはタンニンが多く、黒色の染料になる。

最近のブログ記事

科目別