キリ

キリ.jpgキリ (2).jpgキリ (3).jpg キリ (1).jpg        

データ

ゴマノハグサ科 Scrophulariaceae キリ属
学名Paulownia tomentosa
和名キリ
概要樹形 落葉高木、高さ8〜15m。
花  5〜6月、葉が展開する前に開花し、枝先の大きな円錐花序に淡紫色の花を多数
つける。花冠は鐘状で長さ5cmくらいになり、先端部は5裂する。
果実 長さ3〜4cmの卵形で先端はとがる。熟すと2裂し、かたい翼のある種子が入って
    いる。(さく果)
葉  対生。有毛で長さ30cmにもなる大きな葉で、浅く3〜5裂して三角状や五角状になる
葉柄は6〜20cm。

※ キリ属をノウゼンカズラ科にいれる考えもある。
※ 日本の樹種の中で最も比重が軽く、木目が美しく、狂いが少ないので、箪笥、下駄、琴
  などに使われる。    

最近のブログ記事

オオユウガギク<大柚香菊>
カラスウリ<烏瓜>  (別名 タマズサ<玉章>)
マルバルコウ

科目別