クコ

クコ.jpgクコ(4).jpg
クコ(5).jpgクコ (1).jpgクコ (2).jpg

       

データ

ナス科 Solanaceae クコ属
学名Lycium chinense
和名クコ
概要樹形 落葉低木、高さ1〜2m。
花  7〜11月、短枝の葉腋に淡紫色の花が1〜3個つく。漏斗状で上部は5裂する。
果実 晩夏〜初冬にかけて赤く熟す。1cmほどの楕円形。果実酒や乾燥した果実は
    強壮、解熱に使われる。
葉  互生し短枝の先に束生状に付くことが多い。若葉は食べられる。
枝  稜があり、葉腋や枝先には刺がある。

最近のブログ記事

オオユウガギク<大柚香菊>
カラスウリ<烏瓜>  (別名 タマズサ<玉章>)
マルバルコウ

科目別