不明種(09)

不明種(09) (1).jpg不明種(09) (3).jpg不明種(09) (5).jpg不明種(09) (4).jpg不明種(09) (2).jpg

       

データ

不明科 不明種
採集地葛城山(和泉)標高800m
学名不明
和名不明種(09)
環境・発生秋 ブナの倒木に背着
採集年月日2016年10月25日食毒不食
標本あり
概要子実体 初め小形円盤状で基部に柄状のものがあり、成長し互いに癒合して不規則形
    に拡がる。厚さ2~4mm、基物から剥がし易い。
    背着面は乳白色のフェルト状で、淡紅色のしみが見られる。
    子実層(管孔)の孔長は乳白色で1mm位、孔口は乳白色~クリーム色で不整
    円形の3~4個/mm。
肉 乳白色で弾力がある。

最近のブログ記事

ホウライタケ属 不明種(07)
不明種(09)
不明種(08)