ホウライタケ属 不明種(07)

ホウライタケゾク 不明種(07)(87-1) (2).jpgホウライタケゾク 不明種(07)(87-1) (3).jpgホウライタケゾク 不明種(07)(87-1) (4).jpgホウライタケゾク 不明種(07)(87-1) (5).jpgホウライタケゾク 不明種(07)(87-1) (6).jpgホウライタケゾク 不明種(07)(87-1) (7).jpg

       

データ

ホウライタケ科 Marasmiaceae ホウライタケ属   (旧 キシメジ科)
採集地葛城山(和泉)標高800m
学名Marasmius
和名ホウライタケ属 不明種(07)
環境・発生秋 広葉樹の落葉の中で発生
採集年月日2016年10月25日食毒不明
標本あり
概要傘 径0.7~1.5cm、饅頭形~中高扁平、表面粘性なく中央は褐色で黄土色から周辺に
  淡色になり、溝条あり。
柄 4.5~10×0.05~0.08cm、上下同径で下方へ徐々に太くなり中空、表面黄土色~褐色
  で平滑、基部に白色細毛菌糸密生。
ひだ 上生しやや疎で白色~クリーム色、幅1mm。
肉 薄く表面色を帯びる。

最近のブログ記事

ホウライタケ属 不明種(07)
不明種(09)
不明種(08)