ミツマタホウキタケ(仮)

ミツマタホウキタケ(仮)(2-1) (1).jpg
ミツマタホウキタケ(仮)(2-1) (2).jpgミツマタホウキタケ(仮)(2-1) (3).jpgミツマタホウキタケ(仮)(2-1) (4).jpg

       

データ

マツカサタケ科 Auriscalpiaceae フサヒメホウキタケ属     (旧)フサヒメホウキタケ科
採集地烏帽子形公園(河内長野市)標高180m
学名Artomyces sp.
和名ミツマタホウキタケ(仮)
環境・発生夏~秋 シイ林下シイの腐朽木から発生
採集年月日2010年7月16日食毒不明
標本あり
概要子実体 高さ3~6cm、径2~4cm、柄から三叉分岐を規則正しく数回繰り返しホウキタケ形
    を形成。幼時白色で以後上方白色、中位は黄土色~茶褐色で基部は暗褐色。
    茎は中空。
子実層 枝全面に形成。
胞子紋 白色。