ヨゴレキニガイグチ(新)

ヨゴレキニガイグチ(59-1) (1).jpg
ヨゴレキニガイグチ(59-1) (3).jpgヨゴレキニガイグチ(59-1)(6).jpgヨゴレキニガイグチ(59-1) (4).jpgヨゴレキニガイグチ(59-1) (2).jpgヨゴレキニガイグチ(59-1) (5).jpg

       

データ

イグチ科 Boletacerae ニガイグチ属
採集地陶器山標高140m
学名Tylopilus ballouii (Peck) Sing. var. fuscatus (Corner) Hongo
和名ヨゴレキニガイグチ(新)
環境・発生秋 クヌギ・アラカシ樹下で発生
採集年月日2012年10月 1日食毒不明
標本あり
概要傘 径4.5~9cm、低山形~扁平、表面粘性なく黄土色~橙褐色で平滑、乾燥し亀甲状に
  ひび割れる。
柄 4.5~5×2.8~3.5cm、下方へ細まり中位ひだいし中実。表面は黄土色で条溝あり、表皮
  が粗い鱗片になりそりかえる。
管孔 上生し孔長1.4cm、白色から帯褐黄土色。孔口も同色で不整円形~角形で大小
   不ぞろい。
肉 厚く白色でしまり、傷口は徐々に淡紅褐色になる。菌臭あり。
胞子紋 黄褐色~紫褐色。