メダケ赤衣病菌

メダケ赤衣病菌 (1).jpg
メダケ赤衣病菌 (3).jpgメダケ赤衣病菌 (2).jpg

       

データ

担子菌サビキン目
採集地陶器山標高140m
学名Stereostratum corticioides
和名メダケ赤衣病菌
環境・発生笹薮にて群生
採集年月日2012年5月 4日食毒不明
標本あり
概要※ 秋~冬、竹・笹の表皮下に冬胞子堆が発達し、すぐに表皮が破れ黄褐色の冬胞子塊が
  出現する。この冬胞子塊は盛り上がり肉質となるが、春には脱落しその内側には黄褐
  色粉状の夏胞子が形成される。
※ 各種の竹・笹類に発生する。

最近のブログ記事

不明種(07)
イグチ科 不明種(04)
ナヨタケ属 不明種(01)