ミキイロウスタケ

        ミキイロウスタケ(6-1).jpg ミキイロウスタケ(6-1) (1).jpg ミキイロウスタケ(6-1) (2).jpg ミキイロウスタケ(6-1) (3).jpg ミキイロウスタケ(6-1) (4).jpg ミキイロウスタケ(6-1) (5).jpg    

       

データ

アンズタケ科 Cantharellaceae アンズタケ属
採集地陶器山標高140m
学名Cantharellus infundibuliformi
和名ミキイロウスタケ
環境・発生秋 コナラ林下に束生
採集年月日2010年10月29日食毒可食
標本あり
概要傘 径2〜3.3cm、中央窪む扁平〜漏斗状で周縁は大きく波打つ。表面灰褐色〜黄土褐色
  で放射状の繊維紋あり。
柄 2〜4×0.3〜0.5cm、逆棍棒形〜中位細いなどで髄状〜中空、表面レモン色〜灰褐色
  でやや偏圧もあり。基部に淡黄色の菌糸密生。
子実層托 傘下面で脈状しわひだをなし、淡灰褐色。
肉 薄く表皮下表面色を帯びる。
胞子紋 白色。