ミダレウラベニシメジ(仮)

      ミダレウラベニシメジ(13-1).jpg ミダレウラベニシメジ(13-1) (1).jpg ミダレウラベニシメジ(13-1) (2).jpg ミダレウラベニシメジ(13-1) (3).jpg ミダレウラベニシメジ(13-1) (4).jpg    

       

データ

イッポンシメジ科 Entolomataceae イッポンシメジ属
採集地陶器山標高140m
学名Entolomata sp.
和名ミダレウラベニシメジ(仮)
環境・発生夏 アカマツ混じりのコナラ林で単生
採集年月日2010年7月20日食毒不明
標本あり
概要傘 径4cm、中高饅頭形〜扁平で乱れやすい。表面粘性なく灰褐色繊維状で中央部やや
  濃い。
柄 4.5×1cm、下方やや肥大し、扁圧や裂開して髄状〜中空、表面灰白色で条線あり。
ひだ 上生〜湾生しやや密〜やや疎、縁部鋸歯状で白色〜淡紅褐色。幅0.5〜0.6cm。
肉 薄く白色〜淡灰褐色。